+修士論文 (M2)

| 2021年度

  • Socio-spatial Study of Urban Public Parks: Kabul City, Afghanistan. Rashid Ahmad Mushkani

  • 中心市街地における都市空処の定量的分析と同定手法に関する研究愛知県豊橋市を事例に, 児玉欣輝 

  • 豊橋市中心市街地の居住者満足度に関する研究, 毛利智明


| 2020年度

  • Developments of Area and Water Supply Management in Urban Informal Areas - Case studies from Mumbai and Nairobi. Lim Jia Yen

  • 大学生のまちの印象と空間認知に関する研究, 金子駿太

  • ムンバイ・ダラービーにおける職住空間特性に関する研究 ―窯業を生業とするクンブルワダ地区を対象として―, 中谷昂太

  • インフォーマル市街地の産業空間特性に関する研究―ムンバイ・ダラーヴィのリサイクル産業を事例に―, 長谷川賢太

  • 豊川の霞堤遊水池における住宅の立地と地域環境への適応に関する研究, 藤岡歩

  • 愛知県における災害予知伝承に関する研究, 本間聖也

 

+卒業論文 (B4)

| 2021年度

  • 在日ブラジル人の暮らしに対する満足度とその影響要因に関する研究, UEMA SPOSITO MATHEUS

  • 南海トラフ地震時における仮設住宅の選択意向と需給推計豊橋市を対象として, 及川友雅

  • Measuring RTK GNSS in Urban Public Space: The Proposal of RTK Applications for Street Furniture. CHHEANG KIM

  • モンゴル国ウランバートル市「ゲル地区」に居住する子どもの居住環境評価に関する研究, ENKHBAT SUMIYA


| 2020年度

  • 地方都市中心市街地における商店街の店舗構成と意識調査農業用水路上に立つ水上ビルを事例に, 酒井練

  • 東三河の農と食に対する地元住民の意識及び駅前カフェの発信力に関する事例研究, 鶴田尚吾

  • アンケート調査に基づく地方都市における出張者動向の実態把握, 水野有華

  • 地方都市における大学生の余暇活動と中心市街地来訪行動に関する研究豊橋市に立地する3大学の学生に着目して, 三井寛子


| 2019年度

  • ルワンダ・キガリの未計画居住地における居住環境改善の仕組み, 岡本亮太

  • 干拓地における土地利用の長期的変容の実態に関する研究:豊橋市神野新田を事例に, 児玉欣輝

  • インフォーマル市街地の経済活動における流通構造と空間的特性の分析―ムンバイ・ダラーヴィの皮革関連産業を事例として―, 小松黛芽

  • ムンバイ・ダラーヴィにおけるパブリックスペースの空間形態と利用実態, 毛利智明


| 2018年度

  • The Study of Water System in Informal Settlements -In the Case of Dharavi in Mumbai, India. Lim Jia Yen

  • 豊橋市周辺におけるブラジル人移住者の住空間に関する研究, 金子駿太

  • 戦後岡崎における商業集積の形成と変容, 藤岡歩

  • 遊郭建築の空間特性と活用実態に関する研究, 本間聖也

 

+プロジェクト研究 (B2)
 

| 2021年度

  • 豊橋市中心市街地における都市空処の動態, 末廣杏月

| 2020年度

  • インフォーマル市街地の露天商の営業実態にみるパブリックスペースの特性ナイロビのムクルスラムを事例に, 堀口翔平

| 2019年度

  • ​豊橋市中心市街地の2010年代の空間変容に関する研究, Chadraabal Enkh-Od

| 2018年度

  • ​ムンバイ・ダラヴィーにおける女性視点からみる居住空間の特性, 三井寛子